最近主流の営業形態について

最近主流となっている営業形態は、街道沿いで車が止められうような店舗で、車で5分程度で到着できるような場所に設置されているものが人気となっています。
店舗の大きさとしては30坪程度が用意されていて、ドラム式の最新洗濯機を装備し、毛布やシーツだけでなく綿布団といったおおきなものまで丸洗いできるような機器を設置しているところが人気になっています。
またスタッフが常駐して機器の使い方を教えてくれるガソリンスタンドのセルフ店のような形態のお店も人気になっています。
立地としては近隣5キロから10キロ以内に周辺人口が確実にあり、比較的車で移動する文化圏であるところが利益をあげられる状況となっています。
都市部では自家用車をもたないという家庭も増えていますが、逆に地方都市に近いエリアが大きくビジネスを伸ばしているともいえるのです。
洗濯機は7キロ程度の小型から30キロまであらえる本格的な業務用を揃えているところが人気で、乾燥機も当然30キロ前後まで対応しますので、家庭では洗えないようなものをしっかり洗濯・乾燥できるのが人気となっています。
イメージとしてはコンビニの撤退したあとの物件のようなところがもっとも店舗の形態としては望ましいことになります。
コンビニに比べて商圏範囲が広いためそれでも十分にやっていけるというわけです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) コインランドリー経営のポイントについて All Rights Reserved.